SHIMA SEIKI 島精機製作所

社長メッセージ

世の中にないものをつくれ。
ないからつくれ。
そして、
なくてはならない企業になれ。

「全自動手袋編み機」の開発を創業の原点とする島精機製作所は
「Ever Onward ―限りなき前進」の経営理念のもと、常に新しい技術の開発を目指して
惜しみない努力と未知なる領域への挑戦を続けてまいりました。

創業から50余年を経た今日、皆様方のひとかたならぬご愛顧により、
手袋編み機をはじめ、コンピュータ横編機、デザインシステムのトップメーカーとして、
高い評価をいただくまでになりました。

「全自動手袋編み機」の開発を創業の原点とする島精機製作所は、 「Ever Onward ―限りなき前進」を経営理念のもと、常に新しい技術の開発を目指して、 惜しみない努力と未知なる領域への挑戦を続けてまいりました。

創業から50余年を経た今日、皆様方のひとかたならぬご愛顧により、 手袋編み機をはじめ、コンピュータ横編機、デザインシステムのトップメーカーとして、 高い評価をいただくまでになりました。

NEXT50に向けて

次の50年に向けて、戦略的に事業活動を推し進め、
様々な課題解決に取り組んでまいります。

10年後のビジョン

当社の独創的な技術が広まることで、
ファッション業界の発展に貢献する「課題解決型企業」へ進化していること

ファッション業界で培った強みを活かして、
他の業界の発展にも貢献する「感性情報型企業」へ進化していること

10年後のビジョン

>当社の独創的な技術が広まることで、 ファッション業界の発展に貢献する「課題解決型企業」へ進化していること

ファッション業界で培った強みを活かして、 他の業界の発展にも貢献する「感性情報型企業」へ進化していること

イノベーションへの新たな挑戦

全ての社員が経営に参加するような意識を持って自由な発想でアイデアを生み出し、主体的に行動する組織づくりのもと、全社一丸となり生産性・創造性を高め、世界のファッション産業に大きなイノベーションを起こすことができる製品・サービスの創出に挑戦し続けてまいります。

中期経営計画「Ever Onward 2023」においては 「変革」と「再生」というキーワードを打ち出し、社員一人ひとりの「意識」と「スピード」を変革し、ゼロから生まれ変わる強い気概を持って事業活動に取り組んでまいります。

「世の中になくてはならない企業」となるために

「世の中になくてはならない企業」
となるために

人類にとって衣食住は欠かすことができません。
その中で、少しでも世の中の役に立てることが、
SHIMA SEIKIの存在意義です。
業界発展に貢献し、地域社会に貢献していく。
そして、なくてはならない会社になる。

新しい可能性の追求を図るSHIMA SEIKIに、
より一層のご支援、ご指導を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 島 三博

TOP>会社情報>社長メッセージ

TOP